ちくぜん社協だより

通巻75号:令和4年5月1日発行

筑前町ボランティア連絡協議会(=ボラ連)

令和3年度活動報告

ボラ連会長 野寄 千恵

コロナ禍でやっと実現できた『ちくちゃんバス』研修でした。

昨年4月にリニューアルした『ちくちゃんバス』に乗り、利用者の立場になって、コースの確認や利便性を体験する研修を実施しました。

ボランティア団体各々で体験し、町の企画課に報告をしました。

バス停が増えて利用がしやすくなったことや、バス停の看板の位置が高くて見えにくい箇所があったこと、車内が静かなためラジオの活用の提案をしました。

その他に、「『ちくちゃんバス』をもっと地域に広げるために何か計画しているか」という質問に対して、「計画をしているため、ボラ連のみなさんにも協力をお願いするかもしれません」という前向きな回答をいただき、思いや意見などの話し合いができました。

ボラ連でも、今後自分の住んでいる地区により関心を持ち、『ちくちゃんバス』のコースを日ごろから調べて、「いざ」というときにスムーズに利用できるようにしていきたいです。

この研修を通して、さまざまな「気づき」ができたことはとても良かったです。

ボランティア連絡協議会とは?

ボラ連は、町内の多種多様なボランティア団体や個人ボランティアが集まり、ボランティア相互の連絡と交流、地域福祉の向上と地域の活性化を図ることを目的に、合併後平成17年から活動を続けています。

令和4年度 ボラ連加入団体・個人

  1. 訪問ボランティア 「一期一会」の会
  2. 地域活動・支援グループ どこでんいく隊
  3. 筑前手話の会
  4. 地域ボランティア 美和の会
  5. ちくぜん虹の会 (朗読ボランティア)
  6. 野いちごの会
  7. ねこの手 (福祉支援サークル)
  8. 朗読ボランティア「アイアイフレンズ」
  9. 筑前町しっぽお助け隊
  10. 個人ボランティア