ちくぜん社協だより

通巻72号:令和3年8月1日発行

5月から「住民参加型有償生活支援サービス事業」が始まりました

〜ちょっとした困りごとを解決〜
「住民参加型有償生活支援サービス事業」

いつまでも住み慣れた地域で暮らすための地域支え合い活動です。

「日常生活」の支援を行います。
買い物・ゴミ出し・話し相手・ 散歩の付き添い等...
※状況によっては公的制度等を優先していただきます。

日常生活上で何らかの支援が必要とされる方が利用できます。
※1週間前までの申込みをお願いします。

●利用料金

1サービス(30分以内)100円
その後30分毎に100円の追加料金あり

「かせし隊」が支援しますこの事業に共感していただいた地域住民がお手伝いします。

ご相談下さい

筑前町社会福祉協議会
TEL:0946-42-4555
筑前町篠隈373 コスモスプラザ福祉館
担当:石丸・甲斐・時津

5月からの事業開始に伴い、事業についてのお尋ねや相談のご連絡をいただき、実際に数件の支援をスタートしています。

緊急事態宣言中は、コロナウイルス感染拡大防止のため、「かせし隊」は活動を自粛し生活支援コーディネーターが支援を行いました。

「かせし隊」とは?

この事業に賛同いただき、社協が実施する特定の講習を修了した地域住民が組織する団体で実際に支援を行います。

現在10人が隊員として登録しています。

支援を行った後にはポイントが付与され、ポイントが貯まると筑前町指定のごみ袋と交換することができます。

かせし隊の流れ

1. 社協にて申し込み
特定講習の受講が必要です。

2. 依頼を受ける
社協から連絡を行います。

3. サービス実施
活動中の保険は加入します。(社協負担)

4. ポイント獲得

5. ポイント交換
社協にて行います。

かせし隊発隊式を行いました

4月22日(木)、事業開始に伴い「かせし隊 発隊式」を行いました。

特定講習を修了し、この事業に賛同して頂いた人が集まり、かせし隊員としての心構えや支援をするにあたり自分たちにできることを考えました。

お互いに共通意識を持つことで、今後の活動に向け団結することができ、筑前町の新たな地域福祉推進の第一歩となる発隊式となりました。

活動するにあたり心配ごとなどを出し合い、活動しやすい環境について話し合いました。

地域のささえあい活動に参加してみませんか

「かせし隊」として活動してみたい人、地域の中で活動してみたい人を対象に「生活支援サポート講座」を開催します。

日時 令和3年9月28日(火)・9月29日(水)
13:30 ~ 16:00
※2日間の講座となります。
※かせし隊員への特定講習と位置付けています。
内容 1日目
「地域で支える介護予防・生活支援のボランティアについて」
「コミュニケーションを学ぼう」
2日目
「筑前町の現状について」
「住民参加型有償生活支援サービス事業について」
場所 めくばーる 健康福祉館 多目的ホール
定員 10人(定員になり次第締切)
費用 無料
申込 筑前町社会福祉協議会にご連絡下さい。
TEL:0946-42-4555
FAX:0946-42-5941
メール:chikuzensyakyo@tea.ocn.ne.jp

社会福祉協議会は何をするの?

依頼を受け、ご自宅に訪問しお話を伺い、その後支援が可能かどうかを判断します。
支援が決定したら、依頼者とかせし隊をつなぐ役割をします。
また、依頼内容、世帯状況等の理由により支援ができない人へのサポートとして、関係機関へつなぐお手伝いや、情報提供を行います。
まずはご相談下さい。