ちくぜん社協だより

通巻72号:令和3年8月1日発行

筑前町社会福祉協議会新体制のお知らせ

就任の挨拶

新会長 川上 康男

この度、令和3年6月に開催されました理事会において、前矢野会長の後任として筑前町社会福祉協議会会長に就任いたしました。

微力ではございますが、社会福祉協議会の円滑な運営と地域福祉の充実に向けて、誠心誠意努めてまいりますので皆様のご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。

少子高齢化、核家族化等による、近年の地域社会を取り巻く環境の変化と、新型コロナウイルス感染対策による住民同士のつながりの希薄化、生活困窮、孤立・孤独、虐待、更には災害弱者への対応等多岐にわたり複雑・深刻化しています。

このような状況の下、筑前町・筑前町社会福祉協議会は令和3年3月「学ぶ結ぶ手、掛け合う声、支え合う町 ちくぜん」を基本理念とした、第3次筑前町地域福祉計画・筑前町地域福祉活動計画を町と一体策定し各家庭に概要版を配布しました。

住み慣れた地域・家庭で、すべての住民が安心して暮していく社会を築いていくために、住民、地域の組織・団体、ボランティア団体、福祉関係事業者、社会福祉協議会、更には町行政がそれぞれの立場で役割を果たしながら、お互いに連携を図り、協同して計画を推進していくことが重要です。

社会福祉協議会は、役職員一丸となって地域が抱えている様々な福祉問題を地域全体の問題と捉え、中核的民間機関として地域福祉の推進を積極的に行ってまいります。

町民の皆様のご理解とご支援、ご協力をお願い申し上げます。

退任の挨拶

前会長 矢野 徹

皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、私こと6月18日をもちまして、筑前町社会福祉協議会会長を退任いたしました。

副会長、会長として長きにわたり、福祉事業の職務にかかわらせていただきましたが、区長会、民生委員・児童委員会やシニアクラブ、ボランティアの方々を始め、町民の皆様には特段のご支援を賜り誠にありがとうございました。

人生100年時代、まさに長寿社会となりましたが、個人の価値観や様々なライフスタイルの変化により、福祉に対するニーズも複雑化・多様化しているなか「誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる福祉の町」を目指し微力ながら取り組んでまいりました。

しかしながら昨年から新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言下、思うように活動が進められず大変残念な状況でございましたが、必ず日常が戻ることを信じ希望をもって前に進むことが大切だと思います。

町民の皆様には今後とも地域福祉への取り組みに、ご理解とご支援をお願い申し上げます。

末筆ながら皆様のご健康とご多幸、そして地域福祉のさらなる発展充実を祈念申し上げ退任のご挨拶とさせていただきます。

筑前町社会福祉協議会役員
任期 令和3年6月選任後2年以内に終了する会計年度のうち最終のものに関する定時評議員会終結の時まで

役職名 氏名 選出区分
理事(会長) 川上康男 学識経験者
理事(副会長) 山本秀二 学識経験者
理事 山田善悟 学識経験者
理事 岡部由美子 学識経験者
理事 柿添廣文 区長会会長
理事 石丸和子 民生・児童委員協議会会長
理事 栁誠 社会福祉事業施設の代表
理事 宮原均 シニアクラブ連合会会長
理事 野寄千恵 ボランティア連絡協議会会長
理事 田中政浩 町議会議長
理事 中野髙文 副町長
理事 神﨑英昭 福祉課長
監事 栁俊徳 学識経験者
監事 山本厚 学識経験者

筑前町社会福祉協議会 評議員名簿
任期 令和3年6月選任後4年以内に終了する会計年度のうち最終のものに関する定時評議員会終結の時まで

氏名 選出区分
砥板俊介 学識経験者
堤久美子 学識経験者
甲斐正彦 区長会の代表
杉谷武浩 商工会の代表
平山輝彦 民生・児童委員協議会の代表
橋津信寛 保護司の代表
尾畑潮美 人権擁護委員の代表
今村順 社会福祉事業施設の代表
大川正義 身体障害者協会会長
脇田保裕 遺族会会長
石松哲 シルバー人材センター理事長
吉森千鶴子 ボランティア連絡協議会の代表
古賀芳美 町公民館長
横山善美 町議会副議長
入江哲生 教育長

筑前町社会福祉協議会 評議員選任・解任委員会委員
任期 令和3年6月就任後4年以内に終了する会計年度のうち最終のものに関する定時評議員会終結の時まで

区分 氏名
外部委員 原野省一
外部委員 真鍋眞次
外部委員 藤田和明
監事 栁俊徳
事務局員 甲斐智英