ちくぜん社協だより

通巻61号:平成30年10月1日発行

トピックス
地域ボランティア活動支援のための助成事業に「ちくぜん虹の会」が決定しました

ちくぜん虹の会は、長年にわたり町内の視覚障がい者向けに、社協だより、共同募金だより、ボランティアセンターだより、議会だよりの音訳をしています。

この事業を利用して、新たな機材の購入と、デジタル化を図るために申請し決定しました。

会長の手柴さんは、「デジタル化でたくさん覚えることがありますが、新たな気持ちで音訳活動に取り組み、声のたよりをお届けしたいです」と笑顔で語られていました。

ちくぜん虹の会では、新たなメンバーを募集しています。興味のある方はぜひ社協までご連絡ください!(見学・体験大歓迎)

地域ボランティア活動助成事業とは

地域で積極的にボランティア活動を行っている団体の活動・運営支援として、西部ガス株式会社及び一般財団法人福岡県職員互助会、福岡県社会福祉協議会からの協力で行なわれています。