ちくぜん社協だより

通巻55号:平成29年5月1日発行

「ふれあいいきいきサロン」

「ふれあいいきいきサロン」とは

現在筑前町の35行政区の公民館で楽しく開催されています。
気軽に参加してみませんか?

目的

一人ひとりが健康で生きがいを持ち、かつ認知症や介護の予防を図り、住み慣れた地域で安心して暮らすことを目的として実施しています。

地域の人たちがみんなで支え合いともに元気で一日を楽しく過ごし心を通わせる場(よりあい)です。

内容

健康維持
・・・看護師による血圧測定、認知症予防(創作や小ゲーム)、軽い運動(レクリエーションゲーム)など

学びの場
・・・ 出前講座等を利用して学習、自分たちが企画した活動など

情報交換
・・・ みんなでつどい、世間話や自身の現状報告など、いろんな情報の交換や、悩み相談の場としても活用

効果

地域とつながることで「心のハリ」が持てる(生きがい)
・・・ 気軽に集まれる場で、「自らの意思で参加する」という主体的な気持ちになる。

住民同士のつながりが生まれる
・・・ 今まで話す事のなかった人とも話をすることができる。

楽しみながら健康維持ができる
・・・ 楽しみながらおしゃべりし、一緒に食事をとる。

見守り機能付き(安否確認につながる)
・・・ サロン以外のときにも、地域の中でであることで見守りをお互いに行うことができる。

注目は

「つながり」をつくりだす有効な手段
近年、社会のつながりが希薄化している事が問題となっています。
参加者がともに楽しく過ごす活動がサロンです。
地域住民相互の「つながり」「見守り」「助け合い」のしくみづくりができる。